斎藤英喜 講演会・学会発表の告知

5月ー11月|首都大学東京「神道史」を考える

<満員御礼>

講師: 佛教大学歴史学部教授 斎藤英喜 

・・・神道といえば、 日本人の伝統的な信仰、習俗、心性といった説明があります。  

最近では、自然環境との共生を謳う教えとして評価されることもあります。 

 その一方で、「神道」は、戦前の軍国主義と結びつき、極端なナショナリズムを生み出す危険性も指摘されています。 しかし「神道」の形成に、仏教が重要な働きをもったことなど、 

その歴史はほとんど知られていないようです。

本講座では、知られざる神道の歴史に迫ります。 


「神道史」を考える

・「神道」の語源を探る  

・アマテラスに「救い」を求める天皇 

・伊勢神宮と江戸時代の神道 

・国学者の神道 

・国家神道とはなにか 

・神社本庁と折口信夫  


・全6回 金曜日 18:30ー20:00

 ・開講日 2018年. 5/11, 6/8, 7/13, 9/14, 10/12, 11/16 

・会場:首都大学東京オープンユニバーシティ 飯田橋キャンパス(東京区政会館 3階)  <交通案内>

 ・受講料 14,900円  



■お申し込みについてweb受付こちら・満員御礼

  


■お問合せ先⇒首都大学東京オープンユニバーシティ